映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ファミリー

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー Jr.が子どもたちに贈る 壮大な娯楽アドベンチャー『アイアンマン』や『シャーロック・ホームズ』などに主演し、熱狂的なファンを持つ人気キャラクターに新たな魅力を吹き込んできたロバート・ダウニー Jr.。かつてはお騒がせな一面もあっ…

スパイ・キッズ(2001)

鬼才ロバート・ロドリゲスによる 夢いっぱいのファミリー・スパイ映画〈スパイの子供〉というかわらしいタイトルの本作は、『エル・マリアッチ』(’92年)、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(’96年)など、ラテン系らしいド派手で、グロテスクなアクショ…

チャーリーと14人のキッズ(2003)

エディ・マーフィが幼稚園児を相手に大奮闘 微笑ましい大人たちの姿が共感を誘うエディ・マーフィが14人の幼稚園児を相手に奮闘するファミリーコメディです。小さな子どもも楽しめるように作られているこの手のジャンルは観客層が偏りがちで、はなから敬遠し…

キッド(2000)

子ども時代へとファンタジックな時間旅行へ誘う ブルース・ウイリス主演のハートフルコメディ子どもなら誰もが大人になった自分の姿を想像するでしょう。「どんなに素敵な大人になっているのだろう」と。ところが、実際は、大人になると、そんな夢を見たこと…

レミーのおいしいレストラン(2007)

夢中が一番! 決して夢をあきらめない! 愛と情熱が注がれたレミーの料理に大満足『ファインディング・ニモ』『カーズ』など、愛らしいキャラクターやユーモラスなストーリー、心温まるメッセージで、子どもから大人まで、多くの人々の心を捉えるディズニー…

102(2001)

あのクルエラ・デ・ビルがリベンジにやって来た 前作以上の衝撃的なクライマックスに乞うご期待視覚効果技術(CGI)が急速に発展した1990年代後半、本物の動物を主役にした実写映画が次々に作られるようになりました。調教した動物とCGIを組み合わせ、まるで…

怪盗グルーと月泥棒(2010)

世界的人気の〈ミニオン〉たちが生まれた3DCGアニメ 迫力の3D映像と魅力的なキャラクターが楽しいひねくれ者の怪盗グルーの愉快な活躍を描くハートフルアドベンチャーシリーズの第1作です。『アイス・エイジ』のスタッフがまたまたユニークでチャーミングな…

ホーンテッド・マンション(2003)

幽霊屋敷の案内人はエディ・マーフィ 一度はお試しあれ、実写版『ホーンテッド・マンション』2000年代前半、ディズニーランドのアトラクションの映画化がブームになりました。第1弾は「カントリーベア・ジャンボリー」をモチーフにした『カントリーベアーズ…

フライトプラン(2005)

飛行機が恐怖の舞台へと変わる 超一級の密室サスペンスアクション緊迫感と驚きに満ちた超一級の密室サスペンスアクション映画です。 **** 【ストーリー】 ドイツ・ベルリン在住のカイル(ジョディ・フォスター)は最愛の夫を突然の事故で亡くし、棺に入った…

誌季織々―しきおりおりー(2018)

日本と中国のアニメ業界で注目される 才能が結集した珠玉の青春アンソロジー新海誠監督の大ヒット作『君の名は。』を手がけた制作会社コミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)と、中国のアニメ業界をリードするブランドHaoliners(ハオライナーズ)がコラボレ…

理想の彼氏(2009)

理想から抜け出した異色カップルが 教えてくれる大切なこと誰でも理想的な恋人に巡り合いたいと思っているでしょう。でも、理想って一体何なのでしょうか?本作は理想を追い求めてさ迷う人々に贈るロマンティックコメディ。理想通りの結婚生活が幻だった40歳…

オールド・ルーキー(2002)

多くの人々を勇気づけたアメリカン・ドリーム その夢への軌跡を丹念に描いた感動作1999年、大リーグ史上最年長記録となる35歳にしてメジャーリーガーになる夢を果たしたジム・モリス。その夢への軌跡を描いた『オールド・ルーキー』はノスタルジックな趣きを…

ミーアキャット(2009)

小さな体を奮い立たせ、大切な家族を守り抜く 愛すべきミーアキャットの驚くべき姿に感動!まるで人間みたいに背筋をピンと伸ばして直立するポーズがコミカルでかわいミーアキャット。しかし、立ち上がる習性は、敵を早く見つけて、身を守るためのもの。成長…

ボス・ベイビー(2017)

愛くるしい赤ちゃんは中間管理職! 大人の世界をちくりと皮肉る痛快コメディ愛くるしい姿で、周囲の人々を幸せな気持ちにしてくれる“赤ちゃん”。でも、“お兄ちゃん”や“お姉ちゃん”となる子どもたちには、面白くない存在かもしれません。だって、大好きなパパ…

ガフールの伝説(2010)

フクロウの世界を舞台にした 刺激的なファンタジーアドベンチャー“ガフールの伝説”とは、悪を退治し正義を守る、伝説のフクロウの勇者たちのこと。物語は、この伝説の勇者たちに憧れるフクロウの子、ソーレンの勇気と成長を、圧倒的なスケールの映像で描いて…

ナイト・ミュージアム(2006)

夢のように楽しい夜の博物館で コメディ俳優たちが大はしゃぎ!夜になると展示物が動き出す不思議な博物館を舞台にした、とびきり愉快なファンタジー・アドベンチャー。人気コメディ俳優ベン・スティラーの主演で、2006年に公開されたアメリカでは初登場から…

スパイダーウィックの謎(2008)

〈決して読んではいけない〉書物が誘う リアルで魅力的な妖精たちの世界へ迷い込む決して読んではならない〈謎の書〉を読んでしまった姉弟が体験する壮大なファンタジーアドベンチャー。 **** 【ストーリー】 舞台はアーサー・スパイダーウィックの古びた屋…

プチ・ニコラ(2009)

観た後に必ず笑顔になれる、小学生ニコラと友達の愛すべき日常 フランス発のとびきりキュートで心温まる映画原作はフランスの国民的絵本で、日本で例えるなら『ちびまるこちゃん』や『サザエさん』のような存在といいます。天真爛漫な小学生の男の子ニコラと…

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014)

魅力たっぷりの“ちょい悪”老人に教えられる “一生懸命”生きることの大切さと爽快感!曲者俳優ビル・マーレイが、“ちょい悪”老人ヴィンセントを魅力たっぷりに演じた本作は、全米で興収4400万ドルのスマッシュヒットを記録したハートウォーミング・コメディで…

アイ・アム・サム(2001)

人々の優しい思いに溢れたヒューマンドラマ サムが送るシンプルでストレートなメッセージが心に染みる知的障害者のサムがなりふり構わぬ姿で訴えるのは“愛こそすべて”というメッセージ。ビートルズが歌った'60年代ならいざ知らず、今の世の中では「幻想だ」…

スチュアート・リトル(1999)

’90年代後半のハリウッド映画を盛り上げた“しゃべる動物たち” 健気で愛くるしい子ネズミのスチュアートの奮闘に感動!1995年に製作された『ベイブ』はCGでリアルな動物の口の動きを作り出し、画期的なテクノロジーと称賛されました。そんな“しゃべる動物”を…

ウォーリー(2008)

美しい心を持つごみ処理ロボット、ウォーリーが 過剰な豊かさへの警鐘を愛と風刺たっぷりに鳴らすさすがはピクサー、2007年に製作され、3度目のアカデミー長編アニメ賞に輝いた『レミーのおいしいレストラン』に続く本作も、愛らしくて楽しいアニメーション…

かいじゅうたちのいるところ(2009)

愛らしい“かいじゅう”たちの意外にシュールな世界にドキリ 孤独な少年が見つけた、温かくも切ない愛と友情世界的人気を誇り、20世紀最高の絵本と称されるモールス・センダック原作の同名絵本を実写で映画化したファンタジーアドベンチャーです。 ******** 【…

ダンガル きっと、つよくなる(2016)

インドで大ヒットを記録したスポ根サクセスストーリー レスリングをこよなく愛する頑固おやじが奇跡を起こすインド映画の世界興収ナンバー1を記録した大ヒット作。インド映画らしい、明るさと温かさが感じられるスポ根サクセスストーリーです。 ******** 【…

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005)

想像力が生み出すナルニア国 子供のためのファンタジーを忠実に映画化「想像力」がなければ、決してたどり着けないナルニア国。1950年代に出版された英国の作家C・S・ルイスの原作はトールキンの『指輪物語』と双璧をなす児童向けファンタジーであり、子ども…

釣りバカ日誌19 ようこそ! 鈴木建設御一行様(2008)

楽しくて、温かい日本の国民的人気シリーズ 幸せに生きるためのヒントが詰まった極上の人情喜劇1988年の初公開から本作で通算21作を迎えた人気シリーズですが、根強いファンがいる一方で、洋画ファンや若い人々の中には、未見の人も多いのではないでしょうか…

クリスマス・キャロル

誠実に生きることの大切さを伝えるクリスマスの出来事 革新的な3D映像と感動的な物語が見事に融合2009年にディズニーが文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作『クリスマス・キャロル』を3DCGで映画化した本作は、人を愛し、善良に生きる大切さを伝えた原作…

ポーラー・エクスプレス

幻想的なクリスマスの光景は必見の価値あり トム・ハンクスが製作・“主演”を務めたフルCGアニメ映画サンタクロースなんて嘘っぱち、CG人間なんて紛いもの。そんな頭の固いことを言わず、信じてみよう。クリスマスの持つ魔法の力を見事に映像化した珠玉のファ…

男はつらいよ 50 お帰り寅さん

令和の時代に帰ってきた“寅さん” 世代を超えて観てほしい名作喜劇テキ屋をしながら日本中を旅する、“フーテンの寅”こと、車寅次郎の恋と家族との触れ合いを笑いたっぷりに描いた人情喜劇『男はつらいよ』。1969(昭和44)年~1997(平成9)年まで、実に49作…

パンダフルライフ

ワ(パ)ンダフルに生きるには? パンダが教えてくれる心地よい生き方2017年、上野動物園でパンダの赤ちゃん、シャンシャンが生まれて以来、パンダブームがヒートアップしています。2018年には和歌山県のアドベンチャーワールドで彩浜(さいひん)が生まれ、…