映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

彼の見つめる先に(2014)

うぶな高校生の恋の駆け引きにドキドキハラハラ
世界各地の映画祭で話題をさらったブラジル映画

本作は日本人が知る有名俳優は出演していません。そして、日本から見ればマイナーなブラジル映画です。そのためか、製作されたのは2014年にも関わらず、日本公開されたのは2018年でした。

日本公開時はどのくらい話題になったのか、はたまた、話題にならなかったのか、定かではありませんが、私は意外な展開がとても面白かったです。

描かれるのは、ブラジルの高校生が織りなす、甘酸っぱくて、胸キュンの恋愛模様

“彼の見つめる先に”にいる人は?” ブラジル流の明るくて、ちょっぴりシュールな青春映画の快作です!

***********

【ストーリー】
盲目の高校生レオナルド(ジュレルメ・ロボ)は過保護な両親や、親切な幼なじみの女の子ジョヴァンナ(テス・モリアン)に守られて、穏やかな高校生活を送っていました。
ある日、レオナルドとジョヴァンナのクラスに、“ナイスガイ”のガブリエル(ファビオ・アウディ)が転校してきます。これが波乱の日々の幕開けとなります。
ガブリエルはレオナルドのことをからかったり、特別視したりしませんでした。そのため、クラスの課題にペアで取り組むことになったレオナルドとガブリエルは次第に仲良くなっていきます。
しかし、そんな2人に対して、ジョヴァンナは疎外感を感じ、レオナルドにわざと冷たくしてしまいます。

***********

さわやかで、ちょっとイケてる高校生ガブリエルの登場で、うぶなレオナルドとジョヴァンナの本当の気持ちが明らかになっていきます。

自我が芽生える高校時代。盲目のために、自由を制限されてきたレオナルドが、ガブリエルの影響で、新しいことに挑戦していく姿が微笑ましいです。

最も大きく開かれるのは愛の扉。いじめっ子や、ませた女子など、クラス中を巻き込んでの恋の駆け引きは、あるある感満載で、思わずにやりとしてしまいます。誰が誰を好きなのか、予想を覆す展開には、「ブラボー!」と拍手を送りたい!

ブラジルの新鋭ダニエル・ヒベイロ監督のデビュー作。2014年度のベルリン映画祭国際批評家連盟賞とテディ賞を同時受賞、アカデミー賞外国語映画賞のブラジル代表作に選ばれるなど、2014年の世界の映画シーンを代表する青春映画となりました。


彼の見つめる先に [ ジュレルメ・ロボ ]


彼の見つめる先に(字幕版)

ノートルダムの鐘(1996)

フランス文学の香り漂うディズニーヒーロー
愛する人のために懸命に闘う姿に感涙

醜い容姿を人前に姿をさらすのは罪であるとされ、ノートルダムの鐘楼の中でひっそり暮らすカジモドと偏見を憎み、自由を愛するジプシーの踊り子エスメラルダ。正反対に生きるふたりにふりかかった運命は……。

原作はフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの『ノートルダム・ド・パリ』。これまで何度も舞台や映画化されている不朽の名作を『美女と野獣』のスタッフが再び結集し、荘厳な中世絵巻に仕上げました。

***********

【ストーリー】
15世紀のパリ。ジプシー狩りを行う最高裁判事フロロー(声/トニー・ジェイ)は、逃亡したジプシーの女性を殺害し、彼女が抱えていた醜い赤ん坊を井戸へ捨てようとします。
しかし、ノートルダム大聖堂の司祭にその罪を咎められたフロローは、償いとしてその赤ん坊を育てることになります。そして、赤ん坊に「出来損ない」という意味の“カジモド”と名付けます。
それから20年、ノートルダム大聖堂の鐘撞き男となったカジモド(声/トム・ハルス)は、容姿こそ醜いものの、純粋で心優しい青年に成長していました。
フロローはカジモトに大聖堂から外出することを禁じていましたが、カジモドはその言いつけを破り、道化の祭りに参加します。そして、美しいジプシーの踊り子エスメラルダ(声/デミ・ムーア)に出会い、一目ぼれします。
街へ出たカジモドが人々からひどい仕打ちを受けていたところを、エスメラルダが助けます。しかし、エスメラルダに歪んだ愛情を抱くフロローは彼女の行為に怒り、彼を恐れたエスメラルダは大聖堂に逃げ込みます。
カジモドはエスメラルダを助けようとしますが……。

***********

冷たい石の大聖堂に差し込む光、暗闇に燃え盛る炎など、全編に醸し出される光と影のコントラストが登場人物の精神世界を巧みに描き出します。

強者に虐げられてきた弱者が強者を倒すという勧善懲悪の物語で、カジモドは純粋に愛するエスメラルダを救うためだけに悪に立ち向かいます。

その真摯な姿に胸を打たれない人はいないでしょう。

ディズニー屈指の愛と勇気の物語です。


ノートルダムの鐘 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]


ノートルダムの鐘 (オリジナル・サウンドトラック / 日本語版)

ワイルド・スピード(2001)

ワイルド・スピードな見せ場の連続!
大ヒット“青春”カーアクションの第1作

『ザ・スカルズ/髑髏の誓い』(‘00年)のポール・ウォーカー、『ピッチ・ブラック』(‘00年)のヴィン・ディーゼルら新進気鋭の若手俳優がデジタル技術を駆使したワイルド・スピードなカーアクションを展開。

違法なストリートレースを繰り広げる若者たちのファンキーでクレイジーなノリが受けて、世界的な大ヒットを記録した作品です。

その後、設定を大幅にアレンジしながら、人気シリーズに成長し、20周年を迎えた今年2021年8月には、シリーズ第9作が公開されます。

******

【ストーリー】
高級車を運送するトラックを狙う連続襲撃事件が発生します。犯行グループと目されたのは違法なストリート・カーレースのスター、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)とその仲間たち。ブライアン(ポール・ウォーカー)は囮捜査で手柄を挙げて刑事に昇格しようと、車の改造屋を装いドミニクに近づきます。

******

命をかけたカーレースをともに経験し、次第に友情を深めていくドミニクとブライアン。さらにブライアンはドミニクの妹ミア(ジョーダナ・ブリュースター)を愛するようになりますが……。

ドミニクが本当に犯人なのか? という点で最後まで興味をつなげますが、犯罪アクションというよりは、ちょっぴり“アブナイ”若者たちの若さはじける青春ドラマといったほうがいいでしょう。

カラフルでスタイリッシュなスポーツカーが夜の街を疾走するレースシーンは華麗にして超クール! 頭を空っぽにして、タイトルから容易に連想できる見せ場の連続に酔いしれてほしいです!


ワイルド・スピード【Blu-ray】 [ ヴィン・ディーゼル ]


ワイルド・スピード (字幕版)

50歳の再就職(3) ~7ヶ月後の思い~

やっぱり厳しい再就職の道
でも、50歳でも絶対に諦めない!

就活に関する記録をリアルタイムで残していこうと思っていたのですが、自分自身のことを書くのはなかなか難しいですね。前回の更新から半年以上経ってしまいました。(毎日、ブログを書いている方を本当に尊敬します)

結論から言うと、求職活動を始めてから7ヶ月、まだ決まっていません(´;ω;`)。絶対、避けたかったのですが、猛暑の中、スーツを着て、面接に向かう日々を過ごしています。そして、1週間後、残念なメールを受け取り、意気消沈するのです。。。

でも、面接に行けるだけでもありがたいです。希望があるので

これまで80社以上書類を送りましたが、本当に書類が通りません。転職エージェント経由で応募するとほぼ翌日、書類落ちのメールが来ます。おそらく年齢のせいでエージェントに切られ、会社まで届いていないのでしょう。

ついに2月に50歳となり、ますます厳しい状況になりました。(49歳と50歳とでは、かなり印象が違うようなのですが、仕方ありません……)

それでも、3月末に初めて面接に呼ばれたのです! 書類通過のメールが来たときは本当に感動しました。面接は緊張でうまく話すことができず、1次でダメだったのですが、面接は慣れだと言われるし、頑張る意欲が出てきたのは良かったです。

その後、5月末から毎週、面接に行けるようになり、これまで7社に呼ばれ、うち3社は2次面接まで行きました。どこもおそらく最終面接と思われましたが、2社はダメで1社のみ残っています。

ダメだった2社のうち1社は昨日連絡が来たので、昨日は本当に落ち込みました。もう8月になってしまうので後が無い……。

残っている1社は「8月初旬まで決定を延長したい」ということなので、おそらくまだ良い人を待っているのでしょう。あまり期待しないようにしています(-_-;)。

また新たに求人情報を探して、志望動機を考えて、書類を送る、という作業を始めるのはキツイのですが、応募しないことには結果につながらないので、気力を振り絞ってやっています。

私は紙媒体の編集か制作進行管理の職種を探しているのですが、「やってみたい」と思える仕事の募集がコンスタントにあるのは良かったです。求人情報を読んでいると夢が広がり、昨日の落ちた気持ちをリセットすることができました。あとは、面接につながるといいのですが……。

実は求人のハードルが高く、入社してからも大変そうな編集職は辞めて、キャリアチェンジも考えているのですが、これはこれで難しいですね。

と、7ヶ月間、厳しい就活の日々を過ごしていましたが、良いこともたくさんありました! いえ、良いことの方が多いかもしれません。(モノは考えようです(;^ω^)

長くなってしまったので、続きはまた今度にします。こちらもコンスタントに更新しないと……(;^_^A。

ブラザー・ベア(2003)

目には目を、熊嫌いには熊を
人間の若者キナイが荒療治の末に知った真実の愛

本作は44作目のディズニー長編アニメ映画なのですが、ディズニーにしては地味な作品といえるでしょう。

ディズニーアニメの代名詞である〈ミッキー・マウス〉や〈くまのプーさん〉のような人気キャラクターものでも、『白雪姫』や『美女と野獣』のような、ヒーローとヒロインが登場するファンタジックな王道ラブストーリーでもありません。

本作が制作された2003年は、ピクサー社がアニメ界に革命を起こしたフル3DCGアニメが隆盛を極め、昔ながらの2Dで製作されるディズニーアニメは低迷期を迎えていました。(ただ、2000年初頭のディズニーアニメは、技術に加えて、キャラクター造詣やストーリーにも“難”があったように思うのですが……)

そんな中、2003年に制作された本作は、〈『ライオン・キング』(’94年)以来、ディズニーが10年ぶりに自然界に生きる動物たちの姿を描いた作品〉という宣伝文句でアピールしていたのですが、正直、私は、観る前はキャラクターにも、ストーリーのテーマにもあまり魅力を感じませんでした。

ところが、ところが……。実際に観てみると、とても素晴らしくて、本当に心を打たれました!

愛らしいキャラクターの登場する動物映画は子ども向けだと思われがちですが、ディズニーが再び動物の世界へ戻ってきたのは、そこが他者への理解や友愛の精神を伝えるのに一番ふさわしい場所だからでしょう。

驕りのために熊に変えられた人間の若者キナイが、荒療治の末に知った真実の愛が鮮明に浮かび上がります。

******

【ストーリー】
キナイ(声/ホアキン・フェニックス)は強さに憧れる、相当に自信家の男です。太古の時代、成人した若者にはグレイトスピリット(精霊)から人生を導くトーテムを授けられますが、キナイは愛の象徴である熊のトーテムを与えられてがっかりします。
腹いせに強さを誇示しようと1頭の熊を追い回し、そのせいでしっかり者の長兄シトゥカが命を落としてしまいます。その後、復讐心に駆られて熊を殺したキナイは自然界の掟に背いたために、なんと熊に変えられてしまいます。

******

写実的な氷の崖での熊との格闘シーンに続いて、芸術的なキナイの変身シーンへ。作品ごとに映像のグレードをアップさせるディズニー作品の中でも、これらの映像の素晴らしさは驚きに値します

さらに本作では視覚的にユニークな試みが行なわれています。始めはビスタサイズで幕を開けるものの、キナイが熊として目覚めるシーンからシネマスコープサイズに切り替わります。広大な大地でさ迷うキナイの気持ちを実感できるようにするためです。

熊に変わったキナイは母親とはぐれたひとりぼっちの子熊コーダと出会い、コーダの目的地であるサーモン・ランに向かいます。

旅のお供はほかにもユーモラスなヘラジカの兄弟、そしてキナイの次兄デナヒ。突然消えたキナイを熊に殺されたと思い込み、彼もまた復讐のために追ってきたのです。

コーダとの交流で人間の驕りを知り、反省したキナイ。だが事はそう簡単には終わりません。心優しいデナヒを狂わせたのも、コーダを傷つけたのも、愛を蔑ろにしたせいだと気づいたキナイはある決心をします。

結末はディズニーらしくありませんが、一番自然な形でしょう。兄弟愛というオーソドックスなテーマながら、切り口は斬新です。

リアルに徹した動物キャラクターはインパクトに欠けるものの、奇をてらわない着実性に好感が持てます。

作り込まれたフル3Dアニメにすっかりお株を奪われた2Dアニメですが、熊のように深い愛のある製作者たちと独自の道を歩み続けているのだという思いに至り、とても感動しました。

2003年の米アカデミー賞長編アニメ賞やアニー賞映画部門作品賞にノミネートされており、高評価を得ました。

でも、本作の完成後に、オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド内にあったアニメスタジオはアニメ部門の不振を理由に閉鎖されてしまいました。

そして、ディズニーアニメも3D映画へ本格的に参入していきます……。


ブラザー・ベア 【Blu-ray】 [ ホアキン・フェニックス ]


ブラザー・ベア (吹替版)

新宿インシデント(2009)

ジャッキー・チェンが初のバイオレンス映画で
歌舞伎町の裏社会で生きるマフィアを熱演

ヤクザや外国人マフィアが暗躍する新宿・歌舞伎町の裏社会で、密入国した中国人たちが血みどろの勢力争いに巻き込まれていく――。

ジャッキー・チェンがヤクザの悪事に加担しながら、中国マフィアのドンへと上り詰める密航者に扮し、初めてバイオレンスアクションに挑んだ作品です。

******

【ストーリー】
日本に密航した中国人・鉄頭(ジャッキー・チェン)は同郷の友人、阿傑(ダニエル・ウー)を頼りに密航者たちが集まる東京・大久保のアパートにたどり着きます。密航者たちは警察の手入れをすり抜けながら、最低賃金の日雇い労働でなんとか暮らしている状態でしたが、ある事情から日本で生きる決意を固めた鉄頭は金を稼ぐために犯罪行為に手を染めてしまいます。
偽造テレカ売りや偽造カード詐欺、パチンコ台の不正など、仲間の密航者たちも鉄頭に加わり、犯罪は次第にエスカレートしていきます。そんなとき、犯罪行為から手を引いた阿傑が誤解から中国人ギャングに襲われます。
鉄頭は阿傑の復讐のためにギャングのアジトへ潜入、壮絶な戦いの末、図らずも命を救ったヤクザの幹部・江口(加藤雅也)に腕を認められます。

******

コメディタッチのアクション映画で人気のジャッキー・チェンと、凄惨なアクションシーンがウリのバイオレンスアクション映画。相反する両者の融合に、それぞれのファンはと惑うでしょうが、バイオレンス映画のファンにとっては期待を裏切らない仕上がりになっています。

香港映画界のヒットメーカー、イー・トンシン監督は、凄惨なアクションシーンを通し、ヤクザや中国人マフィアが巣くう歌舞伎町の恐ろしさを思い知らせます。

ジャッキー・チェンも渾身の演技で、恐怖の裏社会に違和感なく溶け込んでいます。明るいジャッキーが好きなファンにはショッキングな内容ですが、ハリウッド進出も成功し、映画俳優として常に進化し続けていたジャッキーの新たな顔を見ることができます。


新宿インシデント [Blu-ray]

バースデー・ワンダーランド(2019)

不思議なワンダーランドを素晴らしい映像で表現
大人の心を癒す、魅力的なファンタジー映画

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』『カラフル』など、大人が泣けるアニメーション映画を手がけてきた原恵一監督作。

不思議な世界〈ワンダーランド〉を舞台にした、正統派のファンタジー映画です。

******

【ストーリー】
誕生日の前日、内気なアカネは友達との関係にちょっぴり悩み、小学校をずる休みしてしまいます。そんな物憂げなアカネに、母のミドリはアカネの誕生日プレゼントを取りに行くよう頼みます。アカネが渋々向かったのは、叔母チィが営む骨董店。そこでアカネが奇妙な小人の置物を見つけると、突然、骨董店の床が開き、謎の大錬金術ヒポクラテスが現れます。彼は、アカネが「危機に瀕した自分たちの世界を救える救世主だ」と告げ、嫌がるアカネを自分たちの世界へ連れ出します。

******

時空を操るクモ、巨大な鳥や魚たちなど、魔訶不思議な体験を経てたどり着いたのは、色とりどりの花々が咲き乱れ、豊かな自然が広がる〈幸せ色のワンダーランド〉。その美しく、幻想的な光景に一気に心を奪われます。

キャラクターデザインを手がけるのは、新進気鋭のロシア人イラストレーター、イリヤ・クプシノブ。おとぎ話のようなアドベンチャーを楽しめるのは、未知の世界を鮮やかに描いた、素晴らしい映像世界の賜物でしょう。

原作は柏葉幸子の児童書『地下室からのふしぎな旅』。エキサイティングな冒険を通して、自信のないアカネが成長する姿が爽やかな感動を呼びます。

本格的な映像は、大人になると失われがちな、ファンタジーに親しんだ素直な子どもの心を呼び覚ます効果も。大人の心も癒す、ファンタジーの魅力を存分に味わえる作品に仕上がっています。

アカネの声を演じるのは松岡茉優、アカネの冒険に同行する自由奔放なチィには杏、ヒポクラテスには市村正親など、芸達者な声優陣も好演しています。


バースデー・ワンダーランド(通常版) [Blu-ray]


バースデー・ワンダーランド