映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ヤクザと家族 The Family(2021)

家族を一途に求めたヤクザの哀しき20年
生き辛い世の中だからこそ見つめ直したい家族の絆

政府の闇に斬り込むというタブーに挑み、日本アカデミー賞作品賞を受賞した社会派ドラマ『新聞記者』の制作チームが再結集。犯罪と暴力、さらには死とも隣り合わせの裏社会、ヤクザの世界で生きざるを得なかった男の姿を通し、家族の絆について考えさせます。

*****

【ストーリー】
第1章は1999年。19歳の山本賢治綾野剛)は荒れていました。元証券マンの父はバブル崩壊後に覚せい剤に手を出し、死亡。母もすでになく、身寄りのない賢治は悪友の細野(市原隼人)らとその日暮らしを送っていたのです。
ある日、行きつけの焼き肉店にいた賢治たちは、柴咲組組長・柴咲博(舘ひろし)をチンピラの襲撃から救います。その後、賢治は細野らと父の仇とばかりに覚せい剤の売人を襲いますが、侠葉会のヤクザたちに捕まり、殺されそうになってしまいます。
しかし、賢治らは博の名刺のおかげで解放されます。一命をとりとめた賢治は柴咲組に迎え入れられ、自暴自棄になっていた自分を救ってくれた博に心の救いを得ます。そして、2人は父と子の契りを交わし、賢治はヤクザの世界へ足を踏み入れたのでした。

*****

序盤から凄惨な暴力シーンが連続し、ヤクザの世界の狂気と恐怖を存分に知らしめます。バブル崩壊という負の社会に飲み込まれ、家庭環境に恵まれなかった賢治が、唯一手を差し伸べてくれたヤクザの世界に、家族のような繋がりを感じたとしても無理はないかもしれません。

3部構成の物語は続いて、第2章の2005年と第3章の2019年の賢治とヤクザの世界を描き出します。

第2章は持ち前の一本気を武器にヤクザの世界で男をあげつつあった賢治の活躍とホステスの由香(尾野真千子)とのささやかな愛、そして抗争に巻き込まれた挙句の逮捕という、賢治が辿る転落劇を、迫力のアクションと情感あふれるドラマで見せます。

そして、見どころは第3章の2019年。この映画がヤクザ映画として革新的なのは、今のヤクザの世界を描こうとしたことでしょう。

14年の刑期を終えて出所した賢治が直面するのは、ヤクザにとって非情な現実社会。暴対法の影響で柴咲組は衰退し、組を抜けた細野は結婚して、父親になっていましたが、ヤクザの過去を必死に隠しながら生きていました。

細野は「ヤクザを辞めても、人間として扱ってもらえるまでに5年はかかる」という“5年ルール”の厳しさを口にします。それは由香との愛を取り戻し、新しい家族を求めて更生しようとした賢治にも否応なく襲いかかります。

SNSを通した人間の好奇と悪意、半グレ集団という狡猾な若者たちの暗躍など、今の社会にはびこる狂気を絡ませた終盤は、誰もが生き辛い世の中で、家族という“安らかな居場所”を求めるヤクザたちの不器用な姿が哀しく映ります。

激動の20年間を辿る賢治を繊細に演じた綾野剛を始め、迫真の演技でリアリティ溢れるヤクザの世界を見せてくれた舘ひろし豊原功補ら俳優陣の力演が光っています。


ヤクザと家族 (角川文庫) [ 藤井 道人 ]

初雪の恋 ヴァージン・スノー(2007)

日韓の若手スターたちが初々しい高校生に扮した
心が洗われる、ピュアで古風な初恋物語

NANA』(’05年)の宮崎あおいと韓流映画『王の男』(’05年)のイ・ジュンギがW主演を務めた日韓合作映画です。

当時、日韓の映画界で目覚しい活躍を見せていた実力派の若手俳優が京都とソウルを舞台に切ないラブストーリーを繰り広げています。

****

【ストーリー】
父親の仕事の都合で京都に住むことになった韓国人の高校生ミン(イ・ジュンギ)は偶然立ち寄った神社で、怪我の手当てをしてくれた巫女姿の女の子、七重(宮崎あおい)に一目ぼれします。
転校した高校で、偶然にも七重と同級生になったミンは七重に猛アタック。始めは、積極的にアプローチするミンに戸惑っていた七重も、やがてミンのひたむきさと誠実さに触れて心を開き、二人は恋人同士になります。
しかし、幸せの真っただ中で突然、七重が姿を消してしまいます。

****

デビュー作『ホテルビーナス』(’04年)や一躍脚光を浴びた『王の男』、クールな高校生を演じた『フライ・ダディ』(’07年)など、内面に苦悩や葛藤を抱えた男性を演じてきたイ・ジュンギにとって、快活で熱いミンのような明るい役は本作が初めて。

物語前半では、屈託のない笑顔をはじけさせ、恋にときめく男子高校生をはつらつと演じて新しい顔を見せています。

一方、清楚で奥ゆかしい京女の七重を演じる宮崎あおいは、表情豊かに七重の喜びや悲しみを表現。愛らしい顔立ちにも魅せられ、観る者の目を釘付けにする名演を随所で見せます。

南禅寺や嵐山など、古都・京都のしっとりとした情景の中で育まれる初恋は、古風でまるで夢物語のよう。若い2人の出会いと別れ、そして再会を描いたシンプルな物語ですが、韓国の新人ハン・サンヒ監督は、情感あふれるシーンをちりばめて、好きなのに離れてしまった2人の切ない恋の世界へと誘い込みます。

終幕、すれ違いを繰り返してもなお、「初雪の日は恋人と一緒に」という、韓国の恋人たちの愛の証であるロマンティックな風習に最後の願いを託すミンと七重の姿が切々と胸に迫ります。

純愛の切なさと美しさを見事に描き出し、心が洗われる物語です。


初雪の恋〜ヴァージン・スノー 【Blu-ray】


オリジナル・サウンドトラック「初雪の恋 ヴァージン・スノー

ハチ 約束の犬(2009)

日本が誇る忠犬ハチ公がハリウッドへ
心優しい秋田犬と温かい人々の姿が心に沁みる

大正時代、東京・渋谷駅の片隅で帰らぬ主人を9年もの間、じっと待ち続けた秋田犬のハチ。渋谷駅ではその姿が銅像として残されるほど、日本で長年、愛され続けてきた忠犬ハチ公の逸話が、2009年、ハリウッドで映画化されました。

****

【ストーリー】
ひょんなことから、秋田犬の仔犬がアメリカへ配送されてしまいます。アメリカの東海岸の郊外ベッドリッジに住む大学教授のパーカー(リチャード・ギア)は、駅のホームに取り残された秋田犬の仔犬を見つけます。そして、愛犬を亡くした悲しみの癒えない妻ケイト(ジョアン・アレン)の反対を押し切り、飼うことにします。
仔犬の首輪に漢字の「八」の字が刻印されていたことから、パーカーは仔犬を「ハチ」と名付けます。パーカーの愛をたっぷり受けて育ったハチは、毎朝、パーカーを駅まで見送り、午後5時になると迎えに行くのが習慣でした。
しかし、パーカーが大学の講義中に突然、他界してしまいます。以来、パーカーの死がわからないハチは駅でパーカーを待ち続けるのでした。

****

日本を代表する秋田犬アメリカの地に違和感なく交わるかどうか注目されましたが、リチャード演じるパーカーがハチとの絆を築いていく前半から胸に熱いものが込みあげます。

ハチを心から愛するパーカーと、パーカーの愛を静かに受け止めるハチ、さらに仲睦まじい2人を温かく見守る町の人々など、純朴なキャラクターたちにどっぷり感情移入してしまいます。

そして、何といっても、昼も夜も、雪の日でも、駅の改札口をつぶらな瞳で見つめ、ただひたすらにパーカーを待ち続けるハチの姿はやっぱり涙を誘います。年齢ごとにハチを演じた3匹の秋田犬たちが貫禄たっぷりに名演を見せています。

主演を務めたリチャード・ギアが脚本に感動して、共同製作を手がけ、ギアの盟友ラッセ・ハルストレム監督を抜擢。『ギルバート・グレイプ』(’93年)、『ショコラ』(’00年)など、田舎町を舞台に、しみじみとした、味わい深い人間ドラマを手掛けてきたハルストレム監督は奇をてらったハリウッド映画とは一線を画す、穏やかで心が洗われる会心のリメイクを作り上げました。


HACHI 約束の犬 (Blu-ray)


HACHI 約束の犬(字幕版)

バーティカル・リミット(2000)

壮絶な雪山の救出劇が兄妹の確執を埋める
最も危険な山K2で繰り広げられるサバイバルアクション

舞台は八方を急斜面に囲まれ、最も危険な山と恐れられる世界第2位の高峰K2チョゴリ)。難攻不落の雪山に挑んだ人間たちが、次々に襲いかかる自然の猛威に立ち向かいます。

最も危険な山と恐れられるK2を舞台に、決死の救出劇が繰り広げられる山岳アドベンチャー大作。そのスケールの大きさとリアリティは保証付きです。何しろキャスト、スタッフともども実際に標高8000メートルまで登り、撮影を敢行した、というのですから。

****

【ストーリー】
父親のロイヤル、妹のアニー(ロビン・タニー)とロッククライミングを楽しんでいたピーター(クリス・オドネル)に悲劇が起こります。同じ絶壁を登っていた無鉄砲な若者の巻き添えをくい、1本のロープで繋がっていた3人も宙吊り状態になってしまいます。3人の重みでロープが耐えられないことを悟った父は真ん中にいるピーターにロープを切ることを命じます。苦悩の末ピーターがロープを切ると、一番下にいる父はロープとともに落下していきました。
それから3年、事故の痛手から山に登ることを辞めたピーターはネイチャー・フォトグラファーになっていました。一方、登山家になったアニーは、父を見捨てた兄を許せないでいました。
そんなアニーがK2登頂中、氷のクレバスに落下し、閉じ込められてしまいます。そこで、ピーターは5人の登山家とともに、無謀な救出作戦を決行。しかし、一人、また一人と奈落の底へ消えてゆくことに……。

****

公開時、最新特殊視覚効果技術が話題を呼んだデザスター・サバイバル・アクション映画です。

猛吹雪、雪崩、目の眩むような断崖での闘いなど、生々しい自然の脅威を捉えた映像は身震いするほどの恐怖をもたらします。

しかし、本当に恐るべきものは、極限状態がもたらす複雑な人間心理にほかなりません。冒頭のショッキングなエピソードがそのことを雄弁に物語ります。

そして、山岳チームの救助に向かった6人の登山家たちにも、K2の猛威が襲い掛かります。体力以上に精神力が奪われ、勇気、意志、欲望、忍耐など、人間に備わるあらゆる力が限界を超えたとき、想像を絶するドラマが幕を開けます。

父親の死をきっかけに、ピーターとアニーの間には壁がそびえ立ち、兄妹が持つべき信頼と絆が分断されました。彼らを隔てる壁は、人間の肉体の限界を超えた8000メートルの雪山K2からの奇跡の生還によってしか壊すことはできません。

実際に標高8000メートルの山岳で実写撮影された、壮大な雪山のパノラマのワイド感、目のくらむような高さを立体的に映し出すキャメラアングル、ダイナミックな特殊視覚効果を駆使した雪山の救出劇は、恐怖を超えて崇高な人間性を映し出します。

監督は『マスク・オブ・ゾロ』のマーティン・キャンベルが手掛けています。


バーティカル・リミット [Blu-ray]


バーティカル・リミット (字幕版)

ライフ・イズ・ビューティフル(1997)

どんな状況でも、大切な家族を愛し抜く
笑いと涙に溢れた珠玉のヒューマンドラマ

第2次世界大戦下の北イタリアを舞台に、ナチス・ドイツ強制収容所へ収監されたユダヤ系イタリア人親子の愛と絆を描いた感動作です。

イタリアの喜劇俳優ロベルト・ベニーニが監督・主演・共同脚本を務め、第51回カンヌ映画祭審査員グランプリを受賞。米アカデミー賞に作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロベルト・ベニーニが主演男優賞を受賞しました。

「人生は美しい」と言える「人生」とは、どんなものなのでしょうか? いかにも感動作めいたタイトルは作品に対するハードルを格段に上げますが、本作はその高いハードルを軽やかに乗り越え、十分すぎるほどに感動を与えてくれます。

****

【ストーリー】
第2次世界大戦前夜の1939年。ユダヤ系イタリア人のグイド(ロベルト・ベニーニ)は叔父エリゼオ(ジュスティーノ・ドゥラーノ)の家で暮らすため、北イタリアの田舎町へやってきます。そして、納屋の2階から落ちてきた女性ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)と出会い、一目ぼれします。
ドーラのことを「お姫様」と呼ぶグイドは、彼女の行く先々に現れては猛アタック。突飛かつ熱烈なグイドの求愛はロマンティックで優しく、他の男性と婚約を控えたドーラのハートを見事に射止めます。
そして、駆け落ち同然で結婚した2人は、1人息子のジョズエ(ジョルジョ・カンタリーニ)をもうけ、幸せに暮らしていました。
ところが、戦時色が濃くなり、北イタリアに駐留したナチス・ドイツにより、グイドとジョズエ、エリゼオは強制収容所へ送られてしまいます。
突如、母親と引き離され不安がるジョズエに、グイドは「これはゲーム。1000点取って、1位になれば戦車がもらえるんだ!」と噓をつき、ジョズエを楽しませようとします。

****

強制収容を舞台にした悲しい戦争映画と思いきや、物語の前半部分は、グイドがドーラと結婚するまでのエピソードがコメディタッチでたっぷりと描かれ、ちょっと拍子抜けするかもしれません。

陽気なグイドの突拍子もない求愛に、ドーラは驚きつつも、思わず笑い、心を許し、惹かれていきます。まるでチャップリンのドタバタコメディを彷彿させる、前半のコメディパートは、ユーモアのセンスが洒落ていて、テンポもよく、素直に楽しめます。

ここでグイドの底抜けの明るさと、愛情の深さ、一途に希望を信じる純粋さを徹底的に描くことで、後半部分のグイドの行動に説得力が出てきます。

強制収容所へ送られたグイドは、絶望的な収容所の生活をゲームに見立てジョズエが不安にならないようにします。このシリアスなパートでも、ユーモアは健在。グイドがジョズエに希望を持たせるために、とっさに作り出すゲームの設定の数々に、思わず笑ってしまいます。

そんなグイドの言葉に、瞳をキラキラと輝かせて聞き入るジョズエがかわいくて、何とも微笑ましいのですが、ドイツ兵に悟られたら最後、死と隣合わせのゲームは緊張感たっぷりで、最後までハラハラさせられます。

ジョズエの風呂嫌いや、ドイツ軍医との出会いなど、前半部分の設定が後半部分できっちり生きてくる脚本がとても良いです。そして、物語冒頭からずっと描かれた、底抜けに明るくて、愛情深いグイドのキャラクター性を見事に活かしたクライマックスシーンは本当に素晴らしいです。ジョズエを守るために、まさに“哀しきピエロ”に徹したグイドの姿に、私は涙が止まりませんでした。

大切な人をとことん愛し、守り抜いたグイドの人生は本当に「美しい!」と言えます。翻って、私はこれほど全身全霊をかけて、大切な人を守れているのだろうか、と反省してしまいました(;^_^A。

とにもかくにも、心が洗われる良作です。ぜひ観てほしいです!


ライフ・イズ・ビューティフル【Blu-ray】 [ ニコレッタ・ブラスキ ]

シャザム(2019)

大人が子どもの役を大熱演! 
子ども目線の、ダサかっこいいニュースーパーヒーロー

子どもがスーパーパワーを身につけたら? 見た目は“オトナ”、中身は“コドモ”のスーパーヒーロー、シャザムは、子どもらしい、悪ノリ全開の楽しいアクションコメディです。

****

【ストーリー】
物語は、8歳の少年サデウス・シヴァナ(イーサン・プギオット)の悲劇で幕を開けます。シヴァナは、父と兄とのドライブ中、突然、“ロック・オブ・エタニティー(永遠の岩)”と呼ばれる、不思議な空間に迷い込み、年老いた魔術師と対面します。魔術師は、自分の魔術を伝える“選ばれし者”を探していました。あいにくシヴァナは、選ばれし者ではありませんでしたが、不思議な出来事に混乱したシヴァナのせいで、父が交通事故を起こしてしまいます。
それから数年後、14歳の孤児ビリー(アッシャー・エンジェル)はひねくれ者の問題児です。3歳の時に、遊園地ではぐれてしまった母親をずっと探し続ける純粋な心を持ちながらも、他人には反抗的な態度をとってしまい、里親の間を転々としていました。そんなビリーが新たな里親バスケス夫妻の家に行くと、そこにはすでに個性豊かな5人の里子たちがいました。

****

この孤独な悪ガキ、ビリーが、魔術師の後継者に選ばれ、シャザムになることに。「シャザム」と叫ぶと、ムキムキボディーのシャザムに変身。最初は戸惑いながらも、子どもらしい好奇心といたずら心たっぷりに、スーパーパワーを楽しむシャザムを、ブロードウェイミュージカルやテレビで活躍する俳優ザッカリー・リーヴァイが熱演しています。濃い目の容姿も手伝って、14歳の少年が想像した、ちょっぴりダサいヒーロー役にぴったりです。

敵役は、大人になったシヴァナ(マーク・ストロング)で、シャザムの魔術を奪おうと企みます。

シヴァナやビリーの過去、ビリーと里子たちの学校生活など、少々、冗長気味にも思えますが、シャザム誕生の背景がじっくり描かれるのは、シャザムを息の長いキャラクターとして、大切に育てようという、製作陣の思いなのでしょう。作り込まれたキャラクターたちが見せる、遊園地を舞台にした、大バトルでの粋な姿が爽快です。

続編の予定はまだ聞こえませんが、子ども目線の愉快なスーパーヒーローの活躍に期待したいです( ´艸`)


シャザム!【Blu-ray】 [ ザッカリー・リーヴァイ ]


シャザム!(字幕版)


シャザム! :魔法の守護者(THE NEW 52! ) (DC)

スパイダーマン3(2007)

善悪を知り、愛すべきヒーローへと成長
サム・ライミ監督版『スパイダーマン』の最終章

全世界で大ヒットを記録した、大人気アメコミヒーローの映画化『スパイダーマン』シリーズの3作目です。

前作で、スパイダーマンであることが幼なじみのMJ(キルスティン・ダンスト)と親友ハリー(ジェームズ・フランコ)にばれてしまったピーター(トビー・マグワイア)。MJとはめでたく恋人同士になるものの、ハリーからは父を殺した犯人として憎まれることになります。

****

【ストーリー】
熱狂的なスパイダーマンの人気に酔いしれるピーター(トビー・マグワイア)の前に、最愛の伯父ベンを殺害した真犯人マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が現れます。脱獄囚のマルコは、科学実験に巻き込まれたことから特殊能力を持つ砂の怪人、サンドマンへと変化し、病気の娘の治療費を得るために強盗を繰り返していました。
マルコを許せないピーターは、黒いスパイダーマンとなり、サンドマンを徹底的に攻撃し、ついに復讐を遂げます。

****

ニュー・ゴブリンと化したハリーが、スパイダーマン新たな敵になるかと思いきや、2人の対決はピーターの勝利で早々に決着がつきます。

頭を強打したハリーは、過去の記憶を失い、以前の気のいい親友に戻ります。ハリーの姿が象徴する復讐をテーマにしたストーリーは、敵と味方が二転三転し、だれが正義でだれが悪なのか、わからなくなってきます。そして、それはヒーローのスパイダーマンも例外ではありません

空中を縦横無尽に駆け回るピーターとハリーとの対決シーンや、サンドマンの誕生シーンなど、最新鋭のCGを駆使したリアルな映像が素晴らしく、アクション映画の醍醐味を心ゆくまで味あわせてくれます。

しかし、それ以上に感心するのは、善と悪について考えさせるストーリーとメッセージ。復讐心だけではなく、虚栄心の塊となったピーターが、愛するMJを失い、宿主の心を悪意で満たすヴェノムに取りつかれたのも理にかないます。

一方、マルコは愛する娘を思うあまり罪を犯してしまいます。どちらも自分を見失った人間ですが、善と悪に転じる差は何なのでしょうか?

スパイダーマンサンドマン、史上最強の敵ヴェノムが、三つ巴で戦うクライマックスの激闘は良心と悪意との闘いでもあります。意外な助っ人も登場し、その結末にはアクションの興奮とともに大きな感動があります。

冴えないピーターに成りきったトビー・マグワイアがまたまた大健闘。シリアスなテーマの中にもユーモアを忘れないサム・ライミ監督の演出により、悩めるヒーロー、スパイダーマンがさらに愛すべき存在になっています。


ソニーピクチャーズエンタテインメント Sony Pictures Entertainment スパイダーマン3 【ブルーレイ ソフト】 【代金引換配送不可】


スパイダーマン3 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]