映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ミステリー

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005)

成長著しい人気子役とCG満載のアクションシーン 原作同様、続きが気になる映画シリーズ第4作今年2021年は『ハリー・ポッター』シリーズ映画化20周年だそうです。2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』から2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ま…

閉ざされた森(2003)

骨太アクション監督が描く スリリングな男たちのドラマ大ヒット作『ダイ・ハード』など、それまで一貫してアクション映画を撮り続けてきた骨太監督ジョン・マクティアナンが初めて挑んだサスペンスアクション映画です。 **** 【ストーリー】 パナマの密林地…

マトリックス リローデッド(2003)

荒唐無稽だけど唯一無二のSFアクション映画 悔しいけれど、面白すぎるシリーズ第2作今年、なんと18年ぶりにSFアクション映画『マトリックス』シリーズの続編が公開されます!壁を俊敏に垂直走行するトリニティ、弾丸を瞬時によけるネオ、変幻自在で殺しても…

望み(2020)

それぞれの「望み」に戸惑い、 翻弄される家族の姿が涙を誘う原作は、読書家のためのブックレビューサイト「ブクログ」のアンケートで、読者満足度100%を獲得した、ミステリー作家・雫井脩介のベストセラー小説です。絶望の中に芽生えた一縷の「望み」。し…

インソムニア(2002)

24時間日の沈まない明るい世界が 人間の心の闇を明らかにする 『バッドマン・ビギンズ』(‘05年)、『ダークナイト』(’08年)、『インターセプション』(‘10年)、『TENET テネット』(’20年)など、作品ごとに面白さの度合いを増してくるクリストファー・…

アイデンティティー(2003)

豪雨の夜、1軒のモーテルに導かれた宿泊客たちの正体は? 死体が消える連続殺人の謎を追うサイコミステリー豪雨の夜、1軒のモーテルで10人の宿泊客が次々に謎の死を遂げていきます。死体のそばには、必ずルームキーが落ちていました。10、9、8……、死体が…

マリー・アントワネットに別れを告げて(2012)

フランス革命最中のヴェルサイユ宮殿で何が起こったか マリー・アントワネットに翻弄された少女の悲劇フランス王妃として華麗かつ奔放に生きたマリー・アントワネットはギロチンで処刑されるという悲劇的な最期を迎えました。彼女の処刑宣告は7月14日、フラ…

ヴィレッジ(2004)

禁断の森の謎に挑むシャマランミステリー 大どんでん返しの結末よりも過程が大事「なぜ少年は霊が見えるのか」(『シックス・センス』)、「なぜ男は乗客全員死亡の列車事故でたったひとり生存したのか」(『アンブレイカブル』)、「なぜミステリーサークル…

ヘイトフル・エイト(2015)

奇才タランティーノでしか成し得ない 驚愕の密室ミステリー奇想天外なストーリー展開と生々しいバイオレンスアクションです。荒唐無稽で不快なのに、その唯一無二の物語世界に引きつけられました。本作は奇才クエンティン・タランティーノ監督が初めて挑んだ…

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007)

大成功を収めた冒険シリーズ3部作 史上最強の海賊伝説がひとまず完結呪われた海賊たちが永遠の命を求めて壮絶なバトルを繰り広げるアクションアドベンチャー『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ3部作の最終作です。シリーズ第2作は映画史上歴代3位(20…

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003)

まったく新しいアドベンチャーに生まれ変わった 〈カリブの海賊〉映画版の記念すべき第1作ディズニーランドのアトラクション〈カリブの海賊〉の映画化と聞けば、「ハリウッドアクション映画もついに(ネタ切れ?)……」、の感が強かったのですが、そこは数々…

彼女が消えた浜辺(2009)

イランで大ヒットを記録した 人間のエゴに迫った心理サスペンス映画本国イランでは2009年度の年間興行収入第2位を記録、ベルリン国際映画祭最優秀監督賞(銀熊賞)ほか、数々の賞に輝いた注目のイラン映画です。 *************** 【ストーリー】 イラン人の…

ダウト~あるカトリックの学校で(2008)

疑惑を抱いたシスターたちの苦悩 メリル・ストリープら演技派俳優たちが激突あるカトリック学校で浮上した疑惑は、神父による黒人生徒への“不適切な関心”でした。トニー賞やピュリッツアー演劇賞に輝いたジョン・パトリック・シャンリィの傑作舞台劇を、自身…

ゲーム(1997)

フィンチャー監督のサディスティックな挑戦状 死を賭けたスリリングなゲームの行方『セブン』(’95年)の陰鬱な映像と衝撃的なストーリーで一躍先鋭的な映画監督として注目を浴びたデヴィッド・フィンチャー監督が『セブン』の次作として発表したのは、また…

傷だらけの男たち(2006)

トニー・レオンと金城武が心に傷を抱えた男を熱演 “男臭さ”からの脱却を図った美しい香港アクション映画香港の裏社会を舞台にした人気ノワールアクション映画『インファナル・アフェア』シリーズのスタッフが再結集し、香港映画界のトップ俳優トニー・レオン…

女王陛下のお気に入り(2018)

絢爛豪華な英国王室で繰り広げられる 美しくも、したたかな女性たちの駆け引き18世紀初頭の英国王室で起こった、スキャンダラスな史実を映画化。“女王陛下のお気に入り”をめぐる、2人の女性の熾烈なバトルが描かれます。 ****************** 【ストーリー】 …

メッセージ(2016)

地球外生物からの予想外のメッセージ 人生の意味を考えさせる、味わい深いSF映画原作はSF小説の各賞を総なめにしたテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』。地球外生命体の存在をとおして、愛や平和、人生について、静かに語りかけた、滋味深いSF映…

コラテラル(2004)

男たちのドラマを描き続けるマイケル・マン監督作 トム・クルーズが初の悪役で八面六臂の活躍を見せるトム・クルーズが初めて悪役に挑んだサスペンスアクションです。公開当時、爽やかな好漢のイメージで人気を保ち続けていたトムがどんな悪役像を構築するか…

人魚が眠る家(2018)

東野圭吾原作の重厚な人間ドラマ 最愛の娘の生と死に直面した夫婦の葛藤を描く東野圭吾のデビュー30周年記念作となる原作は、“倫理観”について大胆に切り込むヒューマンドラマです。事故で意識不明のまま眠り続ける娘を“育てる”母親の姿がミステリータッチで…

アイズ・ワイド・シャット(1999)

キューブリック監督が最後に描くのは愛と性 人間の内面を覆う秘密のベールをはいでいくアルトゥル・シュニッツラーの『夢小説』を映画化した本作は、スタンリー・キューブリック監督の12年ぶりの新作であり、製作時は仲睦まじい夫婦だったトム・クルーズとニ…

あるスキャンダルの覚え書き(2006)

孤独な初老の女教師が求めた友情の果て 「ただ愛されたい」という純な思いが招いた壮絶なバトル秘密で結ばれた女同士の歪んだ友情が恐ろしい事態を招く異色のサスペンススリラーです。 *** 【ストーリー】 ロンドン郊外の中学校に勤めるベテラン教師バーバラ…

ボーン・アイデンティティー(2002)

マット・デイモンが生み出した人気キャラクター 記憶をなくしたヒーローの正体に迫る『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のナイーブな青年役で注目されたマット・デイモンは、多くの男優がアクション映画を使って男性的な魅力をアピールしようとするな…

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009)

全身タトゥーの危険なヒロインが怖すぎる―― アンダーグラウンドの雰囲気漂う傑作北欧ミステリー北欧スウェーデンで生まれ、世界中でベストセラーを記録して社会現象となったミステリー小説『ミレニアム』。日本でも『このミステリーがすごい!2010年版』(宝…

交渉人(1998)

言葉を武器に人質犯を追いつめる交渉人の 知性と頭脳の極限の戦いを描いたアクションフィルム交渉人(ネゴシエーター)とは人質事件のスペシャリスト。その名のとおり、人質を無事解放するのが使命です。正義が正義を証明するために悪になる――。このアイロニ…

女神は二度微笑む(2012)

謎解きの面白さが存分に味わえる インド発の正統派サスペンスミステリー2012年に公開され、インド映画界のアカデミー賞で5部門を独占し、ハリウッドリメイク版の製作も決定したという注目のサスペンスミステリー映画です。 **** 【ストーリー】 2年前、毒ガ…

ヴァン・ヘルシング(2004)

往年の怪奇モンスターたちが1本の映画に集結したら? まさにモンスター級のぶっ飛びアクションアドベンチャードラキュラ伯爵、フランケンシュタイン、狼男、ジキル&ハイドなどなど、往年の怪奇モンスターたちが1本の映画に集結したら? そんな無茶な話が…

ノウイング(2009)

大惨事を事前に知りえた男の究極の選択 ミステリアスなプロットに引き込まれる『アイ、ロボット』のアレックス・プロヤス監督が手がけたミステリータッチのデザスター・アクション映画。地球消滅の危機に直面した男の姿を壮大なスケールで描かれています。 *…

告発のとき(2007)

イラク戦争さ中に痛切に訴えた帰還兵の悲劇 より良い社会へのメッセンジャー、ポール・ハギス渾身の1作2004年度のアカデミー作品賞受賞作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家として注目され、翌年発表した『クラッシュ』では、初監督にしてアカデミー賞作…

ブーリン家の姉妹(2008)

16世紀、イングランド王妃の座をめぐる姉妹の愛憎劇の顛末を描いた同名ベストセラー小説の映画化です。 ***** 【ストーリー】 イギリスの片田舎に住むトーマス・ブーリン卿には、2人の娘アン(ナタリー・ポートマン)とメアリー(スカーレット・ヨハンソン)…

サイン(2002)

ミステリーサークルはなぜ現れたのか シャマラン流の解釈がある意味、衝撃的なスリラー映画M・ナイト・シャマラン監督の興味は人の人生を描くことにあるのでしょう。その表現方法をサスペンススリラーの中に見出したことが彼の特異な点だと思います。『シッ…