映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

社会派

ハリエット(2020)

不屈の黒人奴隷女性の苦闘を描く 心に染みる愛と勇気の物語アフリカ系アメリカ人として、史上初めて新しい米ドル紙幣に肖像が採用された実在の奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの壮絶な闘いの日々が描かれています。 ***************************** 1822…

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003)

難民を救い出したヒロイックな兵士たちの姿に共感させた 『トレーニング・デイ』のアントワン・フークワ監督の演出が光る流れる血が違うというだけで政治的、社会的な軋轢が生まれ、同じ国の人間が殺しあう――。理性を超えた恨みが原動力となる部族間抗争の恐…

グッド・シェパード(2006)

アメリカ国家に人生を捧げた男の悲劇 デ・ニーロアプローチは監督でも健在「グッド・シェパード」とは、「良い羊飼いは羊のために命を捨てる」と語ったキリストの言葉の引用で、アメリカ国家を守るCIAを賛美した言葉と言えるでしょう。しかし、本作はCIAを称…

約束の旅路(2005)

アフリカで生きることとは 過酷な状況での親子愛に感動生まれた国や人種、宗教が違うというだけで、いかに過酷な運命を背負わなければならないのでしょうか。かつて(今でも?)世界には、日本で暮らしていると同時代のこととは思えないほど、悲惨な境遇の人…

告発のとき(2007)

イラク戦争さ中に痛切に訴えた帰還兵の悲劇 より良い社会へのメッセンジャー、ポール・ハギス渾身の1作2004年度のアカデミー作品賞受賞作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家として注目され、翌年発表した『クラッシュ』では、初監督にしてアカデミー賞作…

チェ(2008)

べ二チオ・デル・トロが心血を注ぎ、再現した 人間愛に溢れる革命家、チェ・ゲバラが選んだ壮絶な生き様『トラフィック』の社会派監督スティーブン・ソダーバーグが、カリスマ革命家チェ・ゲバラの実像に迫った『チェ』2部作を製作しました。第1部『28歳の革…

ペンタゴン・ペーパーズ(2018)

政府と闘った新聞社の葛藤と勇気ある決断 スピルバーグ監督が 問いかける“真実の報道”政府が隠蔽した、国家の最高機密文書ペンタゴン・ペーパーズ>の公表をめぐる、政府と新聞社との息詰まる駆け引きを描く社会派サスペンス。 **** 【ストーリー】 1971年、…

キャピタリズム ~マネーは踊る~(2009)

未曾有の世界不況に立ち上がった マイケル・ムーア監督渾身の1作2008年、リーマン・ブラザーズの倒産で顕著になった世界金融危機。世界的な不況といわれた当時、実際に泣かされているのは一般庶民たちばかりと感じた人は多かったのではないでしょうか。(も…

輝く夜明けに向かって(2006)

苦難の歴史を風化させてはならない 自由の戦士の半生をとおして伝えるアパルトヘイトの真実1948年から1991年まで、南アフリカで行なわれた人種隔離政策〈アパルトヘイト〉。いわれなき迫害を受けた黒人たちには、人生を狂わされた人々も多いでしょう。黒人に…

スキャンダル(2019)

衝撃的なセクハラ訴訟の顛末を 3人のハリウッド女優が華麗に暴く2017年、ハリウッド女優たちの告発で始まった、セクハラ被害を訴える世界的ムーブメント「#Me Too」に先立つこと1年前、アメリカを騒然とさせたセクハラ訴訟が起こりました。2016年、全米ニュ…

パンダフルライフ

ワ(パ)ンダフルに生きるには? パンダが教えてくれる心地よい生き方2017年、上野動物園でパンダの赤ちゃん、シャンシャンが生まれて以来、パンダブームがヒートアップしています。2018年には和歌山県のアドベンチャーワールドで彩浜(さいひん)が生まれ、…

華氏119

トランプ大統領誕生がアメリカをどう変えるか? 稀代のドキュメンタリー映画監督、マイケル・ムーア渾身の一作2020年11月3日はアメリカ大統領選。アメリカ国内外を問わず、この日を待ち望んでいた人は多いのではないでしょうか?2016年11月9日、ドナルド・…