映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ロッキー・ザ・ファイナル

夢への挑戦を続ける不屈のボクサー、
ロッキー最後の勇姿に共感

不屈のボクサー、ロッキーが奇跡の復活を遂げました! 失意のどん底にあえぐロッキーが再起をかけて、世界王者とのタイトルマッチに挑む姿が大きな感動を呼んだ第1作『ロッキー』から30年の節目となった2006年に、『ロッキー・ザ・ファイナル』は16年ぶりの新作として公開されました。

60歳になったシルベスター・スタローンが再びロッキー役に挑んだ本作もまた、第1作に負けない感動を与えてくれます。

*******************************

【ストーリー】
物語前半は、ボクサーを引退したロッキーのあまりにもわびしい姿が描かれます。イタリアンレストランの経営者としてスタートした第2の人生で待っていたのは、店の客を相手にリングでの歴戦を語り聞かせる日々。

さらに最愛の妻エイドリアンを亡くし、一人息子のロバートの反発にあうロッキーは、深い孤独感に打ちのめされます。そんな虚しく、寂しい現実から抜けだすために、ロッキーは再び夢に挑戦することを決意し、現役復帰をめざすのです。

*******************************

アカデミー賞作品賞に輝いた名作『ロッキー』で挫折を乗り越え、栄光をつかみとるロッキーの姿に、励まされ、勇気をもらった人は多いはず。監督・脚本も手掛けたスタローンが、本作で試みているは、再び勇気と励ましを与えること。夢も希望もない人生に悩んでいるなら、自分で行動を起こさなければならないと、ロッキーの身をもって伝えます。

ただし、現実は甘くはありません。50代になったロッキーが求めたのは、栄光や成功など大きな夢ではなく、自分らしく生きられる場所、小さなリングでした。ロッキーは勝敗を競わないエキシビジョン・マッチで復帰を果たします。

元世界ライトヘビー級王者だった俳優アントニオ・ターヴァーと戦うクライマックスのボクシングシーンの迫力は、シリーズ最高といっても過言ではありません。欲も邪念もなく、ただ自分を確認するために戦うロッキー、いやスタローンのひたむきな姿に心から感動します。

14年前、私は映画雑誌の編集者としてマスコミ向けの試写で、この作品を観ましたが、他の映画の試写会に比べて、圧倒的に中高年の男性が多く、『ロッキー』が多くの若者たちに与えた影響の高さを感じました。

そんな『ロッキー』をリアルタイムで映画館で観た世代もまた、ロッキーとともに歳を取り、ロッキーの境遇に思うところがあったのでしょう。クライマックスでは、鼻をすすり上げる音が響いていたのが印象的でした。

そして、私もまもなく、本作のロッキーの年齢になり、彼と同じ境遇になります(汗)。怖いし、不安ですが、期待と希望もあります。とにかくがんばっていくしかありません!

『ロッキー』シリーズの完結編。「失意のどん底から何度も立ち上がったロッキーは、もう決してリングには戻らない。最後の雄姿をしっかり目に焼き付けよう……」と公開時は思ったのですが、2015年に公開された『クリード チャンプを継ぐ男』でトレーナーとして復活しましたね。( ´艸`)

良いも悪いもさまざまな経験を経て、いっそう頑固で寡黙になったロッキーですが、ボクサーを夢見る若者との熱い交流を描いた『クリード』シリーズもなかなか良いです。


Amazonプライム・ビデオ