映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ビッグ・フィッシュ

豊かな人生を送りたい人は必見!
鬼才ティム・バートン監督の心温まるファンタジー

2003年に公開されたファンタジー映画『ビッグ・フィッシュ』は、人を喜ばせようとする優しい気持ちに満ち溢れた作品。ファンタジックな映像の数々に、映画という媒体の素晴らしさが改めて分かります。

原作は米国でベストセラーを記録したダニエル・ウォルスの小説。映画ではファンタジーを信じる心が何を生み出すのか、実際に目にできることの幸運をじっくりとかみしめてほしいです。

監督は『シザーハンズ』『バッドマン』など、独創的で風変わりな作風で知られるティム・バートン。もう奇人監督と呼ぶなかれ。これほどの至福の時を作り出せる監督はそうはいなません。

*****************************

【ストーリー】
ジャーナリストのウィルは父エドワードと心が通いません。「劇的な人生を歩んできた」とおとぎ話のような話ばかりを得意気にする父にうんざりしていたからです。ウィルの結婚式で、エドワードは十八番の「息子が産まれた日に釣った巨大魚」の話をします。しかし、現実にはあり得ない話で注目を集める父の子供っぽさにウィルの我慢は限界に達し、その後3年間、父との連絡を一切絶ってしまいます。
ところが、エドワードが病に倒れたために、ウィルは妻を連れて帰省することに。病床でもなお夢物語を繰り返す父と、それを理解できない現実的な息子。ふたりの葛藤を描いた重苦しい現実の狭間に、輝かしいエドワードの過去のエピソードが挿入されます。

*****************************

自分の死を見せてくれる魔女、旅の相棒となった巨人、良い人ばかりが住んでいる街スペクター、1万本の水仙の花を贈ったプロポーズ……。いかにもバートン好みの奇妙なエピソード揃いですが、美しく洗練された夢のような映像には、観る者を喜ばせたいという優しい気持ちが溢れています。

エドワードは人々を騙したのか、それとも夢を与えたのか。真実が分かるラストは涙なしでは見られません。豊かな人生の送り方を知りたい人は必見!

若かりしエドワードに扮し、おとぎ話の主人公になりきるのはユアン・マクレガーアルバート・フィニーが現在のエドワードを演じ、味わい深い演技を見せます。


ビッグ・フィッシュ 【BLU-RAY DISC】


Amazonプライム・ビデオ