映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ムウ(2009)

衝撃を呼んだ手塚治虫原作コミックの映画化に挑んだ話題作
美しきモンスターが悪しき政府に制裁を下す

手塚治虫が70年代後半に発表した同名コミックは、人間の原罪や政治悪に切り込む大胆なテーマ性のために発表当時は大きな衝撃を呼んだといいます。

実写で映像化するまでに30年の歳月を要した禁断の物語が2009年についに幕を開けました。

*****

【ストーリー】
ある島で発生した全島民虐殺事件で、たった2人生き延びた少年がいました。日本政府によって闇に葬られたその事件が16年後、恐ろしい殺人鬼を生み出します。
エリート銀行員の結城(玉木宏)は虐殺事件の生き残りで、事件の真相を探り、政府に加担した者たちを次々に殺していきます。
もう一人の生き残り、島の神父となった賀来(山田孝之)は、結城の犯行を止めようとしますが、悪魔のような結城の報復はエスカレートしていきます。

*****

虐殺を黙認した政府=悪党に死の裁きを与えるため自らも悪党になっていく結城の姿は、世の中にはびこる悪意の循環を具現化したもの。爽やかさが持ち味で人気の源でもある玉木宏が悪役に初挑戦、7キロの減量で端正な顔立ちに陰影が生まれ、美しきモンスターの雰囲気は出ています。

しかし、稀代の悪党たる凄み、また悲壮な体験を背負った悲しきモンスターとしての深みに欠けるのは否めません。結城に奔走される悲劇の神父、賀来を繊細に演じた山田はさすがの演技力を見せます。

「日本映画史上“規格外”のアクション映画を撮る」という製作陣の意思の元で作られた本作品。

結城の計画が人類滅亡へと向かう壮大な設定にふさわしく、映像やアクションシーンもスケールが大きいのですが、ドラマチックな展開をあおる臭い演出や陳腐な描写もちらほら見られるのはアクション娯楽超大作の宿命でしょうか……。

結城を執拗に追う沢木刑事に石橋凌、虐殺事件の真相や「ムウ」の謎に迫る新聞記者・牧田に石田ゆり子が扮しています。


MW -ムウ-


MW(ムウ) オリジナル版 全2巻 新品セット


Amazonプライム・ビデオ