映画の中の人生 ~50歳からの人生設計~

人生に迷えるアラフィフ女性が、映画を通して人生について考える。ネタバレなしの映画レビューサイト。

ハウルの動く城(2004)

老いも戦争も怖くない! 
恋する90歳のソフィー婆ちゃんの活躍に注目

戦争や高齢化社会など、世の中には憂慮すべき問題が溢れ、最良の解決策は当分見つかりそうにありません。

宮崎駿監督作『ハウルの動く城』は、これら厳しい現実を反映させながらも押し付けがましいメッセージはありません。“素直な心で感じてほしい”というのが監督の願いで、公開時に作品を宣伝するための資料は一切公開しないという徹底ぶり。

宮崎アニメだからといって過剰な期待も偏見も抱かず観てほしい。何を感じ、どう考えるか、自分自身の価値観が分かるから。

*******

【ストーリー】
主人公は邪悪な荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆に変えられてしまった18歳の少女ソフィー。生真面目で消極的な彼女はひとまず人目を避けるため山に向かい、ハウルの住む動く城に迷い込んでしまいます。ハウルは世間で美女の心臓を食べると恐れられる魔法使いですが、しわくちゃ婆さんになったソフィーにそんな噂は怖くありません。掃除婦という役割を見つけ、ハウルの城で暮らしはじめます。

******

まずはソフィー婆ちゃんの活躍に注目です。老化したことで潔さと大胆さを身に付けたソフィーは、荒地の魔女の仕打ちに落ち込むどころか、怒りをエネルギーに変えて精力的に働きまくります。その意欲に満ちた態度は、自己中心的なハウルを始め、恐ろしい力を秘めた火の悪魔カルシファー、そして憎き荒地の魔女の心さえ溶きほぐします。

愉快痛快な老人力とも言うべきソフィーの言動がユーモアたっぷりに描かれます。だが、そこには老人だけが知りうる苦楽がしっかりと盛り込まれています。

愛すべきわがままな魔法使いたちとの生活をとおして愛の力も備えたソフィー。アニメ史上最高齢のヒロイン、ソフィーの物語はれっきとしたラブストーリーです。

ソフィーへの呪いを解く方法はハウルカルシファーの間に交わされた契約を解くこと。この謎を下敷きにしながら、ハウルとソフィーの愛が育まれていく様子が描かれます。

だが、戦争の激化とともにハウルの正体が明らかに。ミステリーとファンタジーを含んだラブストーリーの中で戦争の矛盾を突くことも決して忘れません。

少女と老婆、両方のソフィーを演じた倍賞千恵子のすがすがしくも威厳ある声に心洗われる一方で、ハウルの声を演じた木村拓哉の変身ぶりに驚かされます。日頃テレビで氾濫する彼のイメージはまったくありません。

人間にも物事にもすべて無限の可能性が存在します。目の前の悲劇に囚われず、可能性を信じて努力すればどんな現実でも変えられます。私はそんな勇気の出るメッセージをもらいましが、みなさんはどうでしょうか?


ハウルの動く城 【DVD】


Amazonプライム・ビデオ